ブログで挫折してしまうのは自分の期待値を上げすぎてるからだよ

ブログをやってるとどうしても自分がこれだけ頑張ったんだから、これくらい結果が出るはずだろうと期待を抱いてしまって、実際の結果がついてこなくて落胆することがある。

それはかけた時間だったり、書いた記事の数だったり、頭を捻って考えたという実感だったり、とにかく自分ではこれだけやったんだと思うようなことでも、返ってくる結果はそれに比例するわけじゃない。

自分がやったことに対する結果が返ってこなければ、なんだか自分自身が認められていないような気がしてしまって段々イヤになってしまう。

 

それというのもやっぱり自分で自分の期待値を上げすぎてしまっているからなんだよね。

これだけ何本も記事を書いているんだからきっとあの人のように文章が上手くなっているはずだとか、これだけ時間をかけているんだからもっと人に読まれるようになるはずだとか、これだけ考えに考えて書いているんだからきっとウケるはずだ、ってね。

 

こうなるはずだっていうのは期待でしかなくて、ブログにおいてはこれだけやればこんな結果が返ってくると保証されてるものなんかないんだ。

アルバイトであれば1時間あたりいくらって賃金が決まっていて時間が長ければ長いほど比例して給料が上がるものだし、歩合制の仕事であれば1件いくらと決まっていて取ってきた仕事の数に比例して給料も上がる。

 

これと同じ感覚をブログで持ってしまっているから、ブログでいくら自分が頑張ったつもりでも結果が期待した通りに返ってこないんだ。

思ったように結果が返ってこないのは頑張りが足りないとか、かけた時間が足りないとか、考えが足りないとか、そういうことよりも自分の期待が上がりすぎているからなんだよね。

それを見落としてしまうと、さらに頑張らなきゃとか、もっと時間をかけようとか、もっと考えないと、なんて思ってしまう。

 

そうやって自分にムチを打ちまくって無理して走り続けてしまえば、そう長くは持たない。

自分が出来ること以上のことをやろうとしすぎて、どんどん上手くいかなくなっていくことが増えていってしまう。

上手くいかないことだらけのことをやっていても楽しくないから、ブログがつまらなくなってやめてしまうんだよね。

 

どれだけ人に読まれるかとか、どれだけ稼げるかとか、どれだけバズるかってことを目標にしてしまうと自分の頑張りだけじゃなくて、運だとかタイミングも絡んできて結果がシンプルに返ってこなくなってしまう。

それなら、自分が毎日1時間はブログやろうとか、毎日1記事は書こうとか、自分に対してやったかやらなかったかというシンプルで分かりやすい目標をベースに行動すればいい。

そうすれば他人の影響に惑わされることなく、自分自身をやったかやってないかで評価できるようになって気持ちが軽くなるはずだから。

DMM FXの手数料について

タイトルとURLをコピーしました