ブログを続けているとうまくいかない時期があるもの

ブログを続けていると自分ではやれることはやっているはずなのに結果がなかなか出ないって思うことがある。

自分のやり方が何か間違えてるんじゃないかとか、このまま続けていいものだろうかってだんだん自信がなくなってきてしまうものだ。

でもブログに限らずこんなことは何をやっててもぶつかる壁で、それを乗り越えた時には驚くほどの成長が待っているんだよ。

 

始めたての右も左も分からない時は自分が何をどれくらい出来るのかすらも分からないもので、それが少しずつ出来ることが増えてくるにつれて、だんだん視野も広くなってくる。

これくらいやればこれだけの結果が返ってくるだろうという経験もちょっとずつ増えて行くんだよね。

そうやって最初のうちは順調に力をつけて成長を感じることが出来る。

 

そのうちに同じだけ努力してるはずなのに伸び悩む時期が出てくる。

出来ることが増えてこれからもっともっと力を付けて成長するぞと期待が高まったことによって、成長が遅いように感じてしまうんだ。

そうやって自分の中で勝手に理想が高くなって、現実とのギャップに苦しんでしまう。

 

スキルを習得する過程は、どうしても途中で低空飛行をして横ばいの時期を経験することになる。

ある一定のラインを越えてしまえばある日突然に感覚を掴んで、今まで何で出来なかったのが不思議なくらいに格段に成長するものだ。

その横ばいの時期を耐えられなくて、諦めて脱落してしまうのはとてももったいない。

 

自分がブログを始めてから出来るようになったことはたくさんあるはずだ。

自分の期待を上げすぎないためには、出来るようになったことを振り返って自分の成長をしっかりと感じ取ろう。

よく注目して見ればどんな小さなことでも、その時なりの難所を越えてきたはずなんだから。

 

そして、横ばいになって伸び悩む時期は必ずくるものだと心に刻んでおけば、実際に横ばいの時期に差し掛かった時にでも焦らずに冷静になれる。

この横ばいは少しの間だけのことで、淡々と自分に出来ることを続けていれば、その後に大きな成長が待っていると思えば怯えることなく自分を信じていられる。

伸び悩む時期を乗り越えた経験は、きみをさらに強くするはずだ。

 

自分の信じた道を突き進み、結果が出るまでの期間を忍耐できればその先もずっと続けていけることは間違いない。

自分を信じられなくなる不安の波に飲み込まれることなく、しっかり自分を持って荒波を越えていけばいい。

 

タイトルとURLをコピーしました